トトロ幼稚舎

横浜市磯子区にあるトトロ幼稚舎のホームページです。

 
 
前へ
次へ
トトロ幼稚舎の紹介

トトロ幼稚舎ってどんな幼稚園?
自然を舞台にした園外活動が中心の横浜市磯子区にある無認可幼稚園です。白組(年)、黄組(年中)、赤組(年長)の3クラス。園児は各クラスに20人前後です。「トトロ幼稚舎の目指すもの」のページもあわせてご覧ください。



歩くこと。自転車に乗ること。


トトロの子ども達は日々の活動を通じてたくさんの距離を歩きます。
毎日がお散歩。毎日が遠足です。
また、自転車の活動も盛んです。自転車に乗って「海の公園」まで出かけることもあります。
雨の日も、カッパを着て活動します。年間を通して赤組(年長)は横浜から静岡県三島市までの117キロを歩きます。
トトロ幼稚舎の活動内容は、「トトロの一年間」のページもあわせてご覧ください。

トトロ幼稚舎の「ごはん」。



お魚の日
お魚の日は、園児が家庭から100gずつ持ち寄ったお米を、飯盒や羽釜を使って炊きます。赤組さんにもなれば飯盒炊爨もお手のもの?!お味噌汁の野菜は園児たちが包丁で切ります。お味噌はトトロの自家製味噌。そして、メインディッシュは「めざし」。エンチョー先生が近くの市場から買ってきためざしは、頭から尻尾まで食べられてゴミが出ません。ちなみに、「めざしのストロー(最近では竹串ではないんです)」は園児たちの人気アイテム?! 
日の丸弁当
真っ白ごはんに梅干し。体をいっぱい動かしたあとは、そんな素朴な味も美味しく食べられるので不思議です。梅干しが食べられない子は、「お味噌」だったり「ごましお」だったりを白ごはんに乗せて持ってきています。子どもが自分で詰めてこられるのもいいですね。
納豆の日
お弁当箱に白ご飯だけを詰めて来るだけなんて、お母さんも楽チン!今日はどこの公園で納豆を食べようかな?

雨の日の自転車活動。
日の丸弁当に、先生がふりかけをかけてくれました♪

お弁当の日
薪で炊いたごはんも美味い!腹ペコで食べる日の丸弁当も美味い!でも大好きなおかずが入ったお弁当もやっぱり美味しい!というわけで週に1度はお弁当の日。公園や園庭で食べることがほとんどなので、お弁当は食べやすいものを重視してあげてくださいね。ちなみに、トトロ幼稚舎でのお弁当には使い捨てのアルミカップや紙ケース、ラップの使用はご遠慮くださいネ。


あんだんて(保護者の会)



保護者同士のコミュニケーションの場です。お父さん、お母さん達もどんどん園行事に参加して一緒に園生活を楽しめたらと思います。またいろいろなサークル活動もあり、楽しんでいるお母さんたちの姿はいつもキラキラと輝いて見えます。毎年10月に開催される、あんだんて主催の「トトロまつり」は、園児や卒園生はもちろん、地域の人にも大人気の園のおまつりですが、実は一番楽しんでいるのはお母さんやお父さんかもしれません(^^)
 こどもの誕生会では、お母さん達が園でお誕生会をサポートします。ごはんづくり(季節にちなんだものが多い)の手助け、おやつの差し入れと、出し物。
どの行事についても言えることですが、決して強制というわけではなく、自分のできる範囲で楽しんでほしいと思います。


ピアニッシモ(おやじ)



お父さんたちの活動もさかんです。OB・現役のお父さん達による自転車での活動や、園庭の整備、行事における園児たちのサポートなど、園の活動を支える大きな力となっております。

探検部(小学生対象)



妙高高原スキー合宿の様子

月曜日と木曜日の週2回の活動日のほか、土日や夏休み、冬休みなどの長期休暇を利用して、自転車の旅や、青春18きっぷでの合宿など、行動範囲をさらに広げさまざまな活動をしています。
4~6年生は、「納豆の日」にあわせて早朝園に集まり、園児のために飯盒ごはんを炊く日もあります。

園舎の様子(Googleストリートビューでご覧いただけます)


MENU

RSS Feed Widget

ページのトップへ戻る